(剃り跡対策は?)

女性の鼻下のひげをカミソリなどで剃ると、段々濃いひげが生え剃り跡が目立つ場合があります。

また、色白な女性だと毛穴の毛根の色が透けて、剃り跡に見えるケースもあるので、女性の鼻下はケアするにも色々な角度からの対策が必要です。

・剃り跡を隠す
鼻下の剃り跡を隠す場合、ファンデーションを厚く塗って隠しがちですが、厚みを持つと鼻下がかえって目立つため、リキッド系のファンデーションの使用がおすすめです。

また、ファンデーションだけだと少し不安という女性は、伸びが良いコンシーラーを使用するのも剃り跡隠しメイクには良い方法です。

(剃り跡を作らない対策は?)

女性のひげ対策で鼻下にひげの剃り跡を残さない為には、剃る処理を避けるのが理想的です。

剃らない方法には、家庭用脱毛器や脱毛クリーム、抑毛系商品、毛抜き、脱毛サロン、脱毛クリニックなどがあります。

これらの中で避けたい方法は、毛抜きと脱毛クリームを使ったひげ対策です。

毛抜きでひげを抜くと毛穴を傷め、クスミやブツブツ肌の原因になるので、剃り跡より目立ってしまう可能性もあります。

また、脱毛クリームは肌に与える負担が高く、肌荒れの原因になるので、顔への使用は避けたいところです。

そうなると、剃り跡を作らない対策は脱毛サロンや脱毛クリニック、家庭用脱毛器、抑毛系商品になると思います。

家庭で簡単に自分のペースでひげ対策をしたい女性は、家庭用脱毛器や抑毛系商品を使った対策になるかと思います。

そこで、これら2つの方法を幾つか紹介したいと思います。

(家庭用脱毛器と抑毛系商品の効果は?)

・家庭用脱毛器
最近の家庭用脱毛器は、性能が良くなり鼻下のひげや顔の産毛を脱毛する場合、十分納得のいくケアが可能になっています。

価格は70.000円から10万円が相場で、中にはヒット商品もあるようです。

初期費用は少し高いですが、剃り跡予防や好きな時にひげ脱毛ができるメリットがあるので、忙しい女性にはおすすめなひげ対策方法です。

・抑毛系商品
抑毛ローションや抑毛クリーム、抑毛石鹸など色々な抑毛アイテムが販売されています。

タンパク質分解酵素と豆乳を混ぜたローションや、イソフラボンを中心にしたクリームなど、抑毛系商品は女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンを使用した商品が主流です。

商品選びのポイントは、継続しやすい価格と肌に刺激を与える成分が含まれていないかなどです。

抑毛商品は、2ヶ月から3ヶ月の継続を目安に効果を実感することが多く、1本辺りの価格が高いと継続するにも負担を感じるので、なるべくお手頃な価格の商品を選ぶのも大切な部分です。

すね毛のケアは抑毛クリームよりも効果的な方法がある?

今、クチコミやメディアで話題のスキンケアクリーム「ノイス」をご存知でしょうか?

ノイスとは女性ホルモンの低下による口周りのひげの抑制をしてくれるスキンケアクリームで、大豆イソフラボンやフェニリーブといった天然由来成分でじっくり悩みにアプローチしてくれるスキンケアクリームなのです。

では、顔にも使えるノイスなら足のすね毛にはどうなのかということですが、顔の産毛のような細い毛に特化して作られたスキンケアクリームのため、毛の質や状態が異なるすね毛では効果を感じにくいと言えます。

また、足の範囲にノイスを使用すると、あっという間に1本無くなってしまいます。
そんなすね毛に悩まれる女性のために、今回はすね毛の処理方法と特徴をご紹介したいと思います。

■カミソリ
誰もが一度は経験されたことがあるムダ毛処理方法ではないでしょうか。
カミソリは手軽に入手でき使用方法も簡単ですが、ちょっとしたケアで肌への負担も軽減できます。
まず、カミソリの刃の枚数は多い方が1枚の刃にかかる力が分散されるので肌への負担が軽減されます。

また、剃り心地が悪く感じるかもしれませんが安全面を考えて安全ガード付きのカミソリが良いでしょう。ただし、カミソリは角質までもそぎ落としているので繰り返すことで色素沈着や埋没毛、黒いポツポツが目立つようになります。毛根からの処理では無いので、すぐに生えてきてしまうデメリットもあります。

■除毛クリーム
塗るだけでムダ毛を溶かしてくれる除毛クリームは、広範囲を一気に処理ができるアイテムです。ただし、角質までも溶かすこともあるので、肌への負担が大きいと言えるでしょう。また、カミソリと同じく毛根から処理しているわけではないので、すぐに生えてくるデメリットがあります。とは言え、生えるスピードはカミソリよりも遅いのが特徴です。

■脱毛サロン
光脱毛が主流の脱毛サロンは、通っている間は自己処理も必要になりますが通い続けることで自己処理の手間がなくなるようになり、とても快適な日常生活を送ることができるようになります。

脱毛サロンの光脱毛とは、光を毛に照射し毛根のメラニンに刺激することで毛の再生能力を弱らせていく脱毛方法です。通う期間が長くかかることや費用もかかるので、ご自身が処理されたい部位とそれが可能な脱毛サロンのキャンペーンを各社比較すると良いでしょう。

■脱毛器
今では、脱毛サロンに通わなくても手軽で自宅で脱毛できるようになりました。機能も多岐に渡るので、ご自身の悩みや毛の状態にあった脱毛器を選びましょう。デリケートゾーンなどのムダ毛を自宅で処理できるのは女性にとってとても嬉しいですよね。

ただし、使用方法はしっかり守りましょう、早くムダ毛を処理したいからと毎日使用したりすると火傷などの肌トラブルを招きかねません。
また、使用後はしっかり保湿することを忘れないようにしましょう。

ご自身にピッタリのすね毛処理方法は見つかりましたか?

毛の状態や質に合わせたムダ毛処理で肌トラブルもストレスもない生活を送れるようにしましょう。