30才という大台になると、ふた通りの女に分かれると思います。

1つ目ははキレイに年を重ねていくパターン。

2つ目はもうどーでもよくなるパターン。

私は残念ながら2つ目の女です。

一人暮らしをいい事に、不摂生な自堕落な毎日を送っております。

もともとめんどくさがりの性格なんで、余計にそうなっているんでしょうねぇ‥

そして今日、友達に「あんた、まともな生活してるの?なんか臭いよ?」

は?!臭い?!そこまでないでしょ!!

と言い返しましたが、実は自信がありませんでした‥恥

普通に風呂は入ってますけどね!
「ジョーダンよ!でも肌の手入れとか全然してないんじゃない?ボロボロじゃん!」

そういえばそうなんですよ。

そろそろキチンとしたお手入れを、しなきゃいけない年頃なのに‥

「うーん、私もそう思うけどめんどくさいし、何使っていいかわかんなくて‥」

「それなら早く聞いてくれたらいいのに!

基礎化粧品なんかはサンプル試したりして、すぐ見つかると思うよ。私も一緒に買い物付き合うしさ」

おお!心の友よ!私が感激していると‥

「でもさーそのヒゲはどうしようもないね」

ヒゲ?なにそれ?

「前から思ってなんだけどさ、最近口周りの産毛が濃くなってない?ヒゲみたいになってるよ笑」

マジでか???

そう言われてみたら‥生えてます。

立派なヒゲが‥

「いくらめんどくさいからって、ヒゲ生やしてるなんてないわ」

‥確かに彼女のいうとおりです。

「この際、顔全部のスキンケアをガッツリしたらいいんじゃない?ヒゲも含めて笑笑」

はい、ヒゲを含めたスキンケア頑張ります!!

という事で、基礎化粧品などは一緒に口コミサイトで勉強することになりました。

スマホ画面を2人で眺めながらの勉強です。

スキンケア方法って肌質や年齢なんかで、変わるんですよね←今さら

私は全体的に乾燥肌なので、乾燥によくきくというコスメの下調べをしていました。

すると友達が「ねえ?口周りというかヒゲの部分が1番乾燥してなくない?」

え?!

本当だ!口周りが特に乾燥がひどい状態です。

これじゃヒゲ剃ったりするのは、やめた方が良さそうです。

でもヒゲはなんとかしなければ‥!

口周りのスキンケアが、できるコスメってないかな。ヒゲにも効けば言うことなしよね

すると友達が急にデカイ声を出して「これ、ノイスって知ってる?いい感じよ」

友達が発見したのは、ノイスの公式サイトでした。

ノイスって口周りの濃い産毛専門のスキンケアクリームなんです。

もちろんヒゲにもバッチリみたい。

ノイスは顔専用ってことなので、肌に優しく自然に脱毛できるコスメのようです。

それに脱毛だけじゃなく、スキンケア効果もあるのには驚きでした。

「普通さ、口周りなんてデリケートな所の脱毛したら肌あれするに決まってなくない?」

そうそう、体でも肌あれするもんね。

でもノイスは脱毛も美容成分で行い、その後のスキンケアも自然由来の特別な成分で補ってくれるそうです。

‥ということはヒゲ問題は片付くし、美肌にもなれるし‥

このスキンケアクリームってすごくない?

公式サイトでは「ノイスを使っているうちに、しっとり潤って透明感も出てきた」なんていう嬉しいクチコミもありました。

おまけにノイスは朝晩2回の、スキンケアでオッケーなんですよ!

めんどくさがりの私にぴったりです。

ノイスいいかも!

早速ポチって、ふと気づきました。

これからいろいろなコスメ使って顔全部のスキンケアをがんばるけど‥

ノイスを使った口周りだけ、めっちゃピカピカ美肌になったりしたらどうしよう‥

「あんた、わけのわからない心配をしてどーすんのよ笑笑」

と友達に突っ込まれましたが、実は私は本当に心配しています笑

⇒ノイスについてもっと知りたい方はこちらから

女性のひげは化粧の大敵!隠すか処理どっちが良い対策?

(女性のひげのデメリット)

・化粧のノリが悪くなる
・ファンデーションが白浮きする
・人との接近が不安になる
・口の周りがくすんで見える
・剃ると濃いひげが生えてくる

女性のひげはデメリットが多くあり、定期的にお手入れをしている女性は沢山います。

鼻下のひげや顔に産毛があると、化粧のノリが悪くなり女性の悩みになってしまいますが、剃ると濃いひげが生えてしまうので、対処に悩むところです。

女性特有のひげは、化粧で隠すのと処理をする対策どちらが良いか、メリットとデメリットで比較しました。

(化粧でひげ隠し対策はデメリットが多い)

鼻下のひげを化粧で隠す場合、ファンデーションはリキッドタイプを使わないと隠しきれないケースがあります。

ひげや産毛の量にもよりますが、濃い女性は化粧をする際色々な工夫をしなくてはならない、というデメリットがあります。

口紅の色を変えて、鼻下の剃り跡を目立たなくしたり、ファンデーションを厚く塗るなど、化粧に時間をかけるためメリットはあまりありません。

また、忙しい女性は少しでも時短をしたいと考えるので、ひげや産毛対策は化粧で隠すより処理がおすすめです。

(ひげ処理の方法は?)

女性のひげ処理をする場合、自宅で行う方法とお店を利用する方法があると思います。

・自宅での処理
カミソリ、電気シェーバー、毛抜き、脱毛クリーム、抑毛クリーム、家庭用脱毛機

・お店での処理
脱毛サロン、脱毛クリニック、女性用理容室

自宅で行う処理で注意したいポイントは、肌に与える負担の大きさについてで、脱毛クリームを顔の脱毛に使用するのは避けるのが理想です。

脱毛クリームは、タンパク質を溶かすことでムダ毛を処理しますが、肌にもタンパク質が存在しているため肌への負担は大きく、特に顔の肌は敏感なだけに避けたい方法です。

自宅でセルフケアするなら、肌のケアをしっかり行いながらカミソリや電気シェーバーを使うか、抑毛系商品の使用がおすすめです。

・女性のひげは脱毛サロンで!
脱毛サロンは、全国に複数あるので比較しながら選びやすい時代になっています。

プランやサービス内容、料金、立地条件など自分の理想に合わせて脱毛サロンを探せば、理想的なひげや産毛対策ができます。

・脱毛サロンのメリット
脱毛サロンは光脱毛が主流で、痛みが少なくシミやシワの予防、改善にも期待できます。

また、脱毛後美肌効果が期待できるクリームなどを使い、しっかりケアしてもらえるメリットもあるため、きれいにひげ対策をするなら脱毛サロンがおすすめです。

⇒女性のひげ用クリームがあるって知ってましたか?